「新型コロナウイルス感染症」対策に関するお願い

 
感染リスクを低減し回避するために、以下のことに注意していただきたく、お願いいたします。
 
①体調不良、特に風邪のような諸症状
(発熱・咳・倦怠感・気管支障害、37℃以上の熱がある等)がある場合、
 礼拝への出席はお控えください。
②礼拝堂に入る際は、受付にある消毒をご利用ください。
③礼拝では、マスクを着用したままでかまいません。
(マスクが必要な方は受付でお申し出ください)
④礼拝堂での座席は、お隣と一席空けてお座りください。
⑤挨拶などをする場合、握手などは控えてください。
⑥飲食の提供は、当分の間休みます。
 マイボトルを持参するなど、水分補給は各自で行ってください。
⑦礼拝後は、密集を避け、速やかにお帰りください。
 
「自分は大丈夫」と過信せず、「かからないこと」と「うつさないこと」を心がけましょう。礼拝出席を自粛する場合、各自その時間は祈りをもってお過ごしください。なお、今後の推移を見守りますが、各行政機関等から集会などを自粛する要請があった場合、また緊急の事態が生じた場合などは、礼拝や集会の中止を含め、牧師の判断で直ちに対応することがあります。HP「予定」欄でご確認ください。
 
感染した方々の回復と事態が収まることを、特に愛する人を失った方々の悲しみが慰められるよう祈ります。

 信州教会 牧師 上山耕平

 

 

あなたがたがわたしを選んだのではない。
わたしがあなたがたを選んだ。

(ヨハネによる福音書15章16節)

 聖書の中に出てくる言葉の一節です。「あなたがたがわたしを選んだのではない」。私たちの生活、それは「選ぶ」ことの連続でありましょう。「今日何を食べようか」「何を着ようか」そんな些細なことから、進学、就職、結婚、老後といった人生の大きな節目となるようなことに至るまで、私たちは日々、何かを選びながら生きています。
 そのせいでしょうか、私たちは何でも「自分が選んでる」「自分で選んでいる」と思い込んでいるふちがある。そうしますと必然的に行き着くのです。「自分で選び続けた結果が、今の自分の人生だ」という結論に。けれども聖書を通して神様は言われます。「わたし(神)はあなたを母の胎内に造る前から、あなたを知っていた」と。その神様がおっしゃられるのです。「わたしは、あなたたちのために立てた計画をよく心に留めている・・・それは平和の計画であって、災いの計画ではない。将来と希望を与えるものである」と。
 私たちは早々に、自分で自分の人生に結論づけない方がいい。確かに「なぜあの時、こちらを選ばなかったのか」そういった後悔の思いが、振り返れば多くあることでしょう。しかしそれも含めて、神様が知ってくださっている。ご自身の計画のうちにおいてくださっている。それだけではありません。「万事が益となるように共に働く」との約束までしてくださっているのです。
 私たちの人生は、自分が選んだ結果でもってすべてが決まっているのではありません。ましてやただ偶然に、無意味に進んでいるのでもない。そこには神様の明確な思いがあります。その神様の思いが詰まった聖書に聞きながら歩む。聖書から自分の人生を、命を眺めてみる。きっとこれまでとは違った景色が、そこにはあるはずです。
 「あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ」。こうして信州教会のHPに辿り着いたのも、神様があなたを選んでくださっている一つの現れでありましょう。今、神様があなたを、ご自身の家である教会に招いておられます。是非、お出かけください。お待ちしております。

※信州教会は日本基督教団に属するプロテスタントの教会です。 エホバの証人(ものみの塔)、末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教会)、世界平和統一家庭連合(統一教会)とは一切関係ありません。